JCのパンチラを見て中学生は興奮しました。



JCのパンチラ画像を見ると悶々としちゃう中学生なのです。


[ TOP | 登録フォーム | 検索 | RSS | ヘルプ | 自動リンク作成 ]
目次その他 (1)  

その他 (1)
中学生パンチラ しているのを見て益々興奮しました。


登録内容を消去、変更したい場合はそのタイトル横の
ラジオボタンをチェックして右のEDITボタンを押してください。
総登録数:1 最終登録日:2018/03/16 18:23

記事の登録を行うには認証が必要です。

管理者用ページ
管理者へ問い合わせ    ALINK by UIC

JCはパンツが見えそうなほど丈の短いスカートをはいてました。
マンスジを見たのです。
ものすごく不服そうな顔で上に乗ったのでした。
数分後に声をかけてきて交代してくださいと言ってきました。
パンチラを見ることは、決して難しいことではないのです。
もちろんのことですが何を目的にしているのかすぐにえわかりました。
そのため、交換しようとしたのですが、なぜか反対されてしまいました。
押さえた途端に、降りてきて上のほうをやってと言ってきたのです。
JCのパンツを見るために床に伏せました。
さすがに、中を覗かれているのに気づいていないとは思えなかったのです。
なぜこの役目をやらせるのかわからなかったのです。
中を覗いているのに気づいたのか押さえる役を変わってほしいと言ってきました。
ミニのツインテールの髪型をした、色白のまあ可愛いといえる子でした。
中学生パンチラの画像を見て性欲が高ぶりました。
高い場所に置くときは下で椅子を押さえる人が必要になったのです。
なぜか押さえる役をやらせてくれたのです。
上を向けばスカートの中が見える位置にいたのです。
上に乗ってから背伸びをして一生懸命に置こうとしてました。
真っ白な綿で全く色気がなかったのです。
跪いた状態で押さえるとしたら普通なら下だと思うのです。
姿勢によっては、お尻が見えそうになってました。
中学生パンチラの画像を見るのです。
このままDVDを選んでいました。
誘われて急に参加する事になったのです。
当日になってやりたいと言って加わることにしました。
少しでも見栄え良くするために、部屋のあちこちに装飾をしたのです。
黒髪のロングヘアーで真面目そうに見えていました。
全体的に細めで胸は小さめだけど体は引き締まっていました。
身長で届く範囲であればそのまま置くことができました。
無料の動画を見ていることが多かったのです。
中学生パンチラしているのを見て息が荒くなりました。
2度も偶然に目にすることができたからです。
せっかくだしこの光景を残したいと思ったのです。
撮るねと言って、スマホで何枚か撮る事にも成功したのです。
ふと顔を上げると、股間の間に白い布が見えていたのです。
とりあえず背を丸くして座ると、偶然ですが正面にきたのです。
お尻に惹かれることに気付いて驚いてしまいました。
ジュニアアイドルは若い子が多いのです。
パンチラしているので声をかけたのです。
下のほうにある商品を手に取ろうと前のめりになったのです。
前日と同様に上に乗って押さえることにしたのです。
忘れられない、まんこの食い込みを見ることです。
再び乗ってから、さっきと同じように押さえさせたのです。
近くにいるのに乗って作業するのを嫌がるかよくわからなかったのです。
少し色っぽさを感じられたので、つい意識してしまいました。
そして、押さえながら見上げると目の前にはピンク色をはいた下半身が見えました。
気のせいか、この日はちょっと光るような素材の布でした。
迷わず、しゃがんでそちらのほうを見ました。
中学生パンチラの画像を見て快感を覚えてしまったみたいです。
本人に覗いているのがばれないか心配だったのです。
結局、10分ほどの長い時間を警戒されることなく見ることができたのです。
美人だとマンスジを接写することを企んでしまうのです。
真後ろからスカートをなめ回すように見ていたら、純白であることを思い出したのです。
無料の動画が妙に色っぽく感じました。
真横に止めていた自転車を乗ろうとしてました。
まだ13歳だったのですが平静を装ってその場を凌ぎました。
中学生パンチラの画像を見ると気持ちいいのです。
スカートが風でめくれてしまい綺麗な色白の太ももが見えました。
しかしスカートを手で押さえることなく歩いていたのです。
目線は、間違いなく下半身に集中していました。
腰掛けたままM字開脚してました。
覗いてたことがばれたかと焦りましたが、その後は特に変わった様子もなく遊んでました。
マンスジの形が分かったことでパンツが濡れているのです。
感覚を研ぎ澄まして逆さ撮りしてみました。
エロを感じて付き合おうと考えました。
白い生地にピンクの模様が入っているが、はっきり見えていたのです。
この場を離れようとしましたが、再び声を聞いて立ち去るのが惜しくなったのです。
少しして、動きを止めて降りてしまった上に後ろを向いたのです。
中学生パンチラしていることを自覚してました。
始めて見たときは服のせいなのか胸が強調されていたとうな印象でした。
その子はおとなしそうに見え、その分大人びてるようにも感じられました。
無邪気に笑いながら見せる姿に可愛らしさを感じていました。
妹らしき小さい子と公園にいる姿が印象に残ってました。
公園にいるのは幼い子たちばかりなため、ちょっと浮いているように感じだったのです。
そのためかなんとなく気になって、通りすがりに様子を見ていました。
スカートでブランコにのっているのを見て、早歩きで後ろに回り込んだのです。
目論見通りじっくり見ることができました。
無料サンプル動画が興奮を掻き立てました。
パンチラしているのを見たことは忘れません。
最初は下のほうだけだったのが、取る時には少し脚を開くような格好になりました。
布の横の縫い目がわかるほどよく見ることができました。
話しながら立っていたのですが、声が動揺で若干震えているのがわかりました。
写真にまで撮ることができたなんて、とても幸運な出来事でした。
ちょっと気になっていた子を長時間見ることができたのです。
まんこ食い込みしている姿に違和感を覚えたのです。
身体を反転させて、パンツを丸見えにした状態で足を折り畳んだのです。
つまりワレメが濡れていたため感じていたのです。
中学生パンチラの画像を見るのが好きになりました。
他の子は、行くことがわかっていたので、ズボンできていました。
長さは結構長く膝と足の真ん中ぐらいまでという格好でした。
ワンピースで、しゃがんでいるので前の部分が膝に乗り、がら空きになっているのに気がついたのです。
それからは視線は釘付けになって、知らないふりをしながら覗き込むというのを繰り返していました。
一生懸命に作っているのに悪いと思いながらも見てしまうのです。
途中で、さすがに裾が広がってまずいと思ったみたいです。
裾を横で括って下のがら開きを閉じようとしていました。
開きが小さくなっただけで、あまり効果はなく、依然としてずっと見えていました。
白色を期待していたのです。
はっきり、パンチラしているのを見ることができました。
親戚の家に行ってて当分帰って来ないのです。
家で待ってるように言うと素直に上がってきました。
スカートの短さに色気を感じました。
しかもブラが透けていて、たまりません。
椅子のを見るとなんと体育座りしていました。
見えなくなったので、さりげなく近づきました。
体をよじりながらするもんですから足が自然に開きます。
しかもよく見ると濡れてるのです。
わかってて見せてるような気がしました。
飛び交う喘ぎ声は夢のようでした。
なれなれしく話しかけてくるので敵意を持ってしまったのです。
デニムスカートなので、硬い素材は隠すことなく細いふとももとを晒してまいsた。
それからしばらくしたら、もう完璧に話し相手になってました。
小柄で可愛らしい隣のクラスの子でした。
仲の良い仲間と放課後に集まってやろうって事になったのです。
最近なんだかんだ一緒にいることが多くなっていて、少し気になっている存在でした。
密かに無料の動画が必要になりました。
中学生パンチラの画像を見ることが快感だったのです。
たまに腰を振るような動きをするたびに色気を感じてました。
掲示板を思い興奮を抑えたのです。
M字開脚が印象に残るほど黄色いシミが付いていました。
凝視しているのを知っていて、わざと見せて誘っているような感じでした。
こんなところで、生撮りの写真を渡すほどでした。
何度も羨ましそうに見ていたので、少し悪い気がしてきました。
この日も同じように準備をするため、上に立って始めたのです。
気のせいだと思いますが、こちらに向けて足を広げていました。
パンチラしてしまったことが純粋に恥ずかしかったのです。
無理な姿勢でJCのパンツを取ろうしたため、マジで晒されました。
この時見えたのは前日よりも色が過激になっていて露出が激しくなっていました。
休み時間に階段を上ってくるのを確認してから、タイミングを合わせるように階段を下っていきました。
友人と一緒で会話に夢中になっていて周りには他に人はいなかったのです。
階段を下りる時点で、まるで心臓が破裂しそうでした。
焦らずゆっくり階段を下りながら視線をスカートの中へ向けました。
細い足首から引き締まった太ももへ視線は移動していったのです。
そのまま階段を下りながら真下から見上げることにしたのです。
その先には憧れのパンチラを見れるはずでした。
前の膨らみからクロッチ部分まで鮮明に見えたのです。
いやらしく食い込んだ部分もくっきりと確認することが出来ました。
歩きかたによっていやらしく足がよじれるのが、またそそりました。
時間にしたら数秒足らずだったと思うのですが、とても長い時間のように思えました。
その後は下半身を見たことを思い出しては、股間が膨らんでしまうのです。
初めて見たあの時の衝撃が未だに忘れられずにいるのです。
上を見ながら覗いていると、下を向いてこちらの様子を伺っていました。
今でも卒業アルバムの写真を見ながら興奮してしまう時がたまにあります。
さすがに食い込みで肛門のシワが見えるのです。
パンチラを撮ろうとして丸見えにしているところ狙ったのです。
中を覗いていたのがばれたと思って、すぐに目を逸らして謝ろうと思ったのです。
何も言わないで続けてくれたことに心の中で感謝しました。
なぜ、一切文句を言わなかったのか理由は良くわからなかったのです。
とりあえず見ていても文句を言われないことがわkりました。
昨日より色気を感じることができるものだったので満足しました。
中央の部分にうっすらと染みを作っているのに気づいたのです。
この時は物凄く興奮したのですが、なぜか声をかけることができなかったのです。
人が来ない時は暇だったので、ゆっくり話す機会を設けることができました。
まさかこんな時にそのことを言われると思っていなかったのでさすがに焦りました。
パンチラしているのを見れたら面白いと思ったのです。
意識が飛びそうなくらいエロを感じたのです。
人が来ないか充分に注意しながら覗きました。
なんと前を隠す面積が少ないTバックをはいていたのです。
生地は薄っすらと透けていて、あまりにも色っぽくて呆気にとらわれてしまいまいました。
また、ワレメだと知ったあと、その部分ばかり見ていました。
だからと言って何かをしてくれるわけではなく、ただ見せて終わりでした。
まだ途中でしたが変わってもらって、トイレに行って、その時の様子を思い返しました。
盗撮するためシャッター音を止めました。
一体、いつからパンチラしていたのか気になりました。
可愛いかったのでDVDが欲しいと思い始めて隠し撮りを考えました。
そして、戻って交代すると、嬉しそうな顔をして聞いてきたのです。
ものすごく恥ずかしくなって答えることができませんでした。
この日だけじゃなく、この数日間は家に帰っては思い出してしまうのです。
ようやく終わって後片付けの時も、同じように中を覗かせてくれました。
はっきり見えてしまう時は冷静でいられなくなって、すぐにその場を後にしました。
Tバックは少し厚みのあるのをはいてました。
まるで反応する様子を見て喜んでいるようでした。
中学生パンチラしたのを見たのです。
降りた後に何をしてくれるわけじゃなかったので、ある意味虚しかったのです。
座った時に破けてしまったのです。
14歳だと気がついてから目に焼き付けました。
そして、おまんこがこんなにやわらかくなるなんて思いませんでした。
階段から下りてきながら、やらしい表情をして股間を見つめていました。
すぐに我慢できなくなって部屋に行き、無我夢中になって発射してしまったのです。
風が吹き荒れてスカートが捲れパンチラてしまいました。
見えていようが気にしない年頃なのでしょう。
それとも見せたいのかと考えると次第に鼓動が高まっていきました。
また見せてくれるのかなという期待もあって離れられないでいたのです。
しばらく様子を伺っても、おしゃべりしているだけで特に動きはありませんでした。
思い切って正面に移動すると足が開かれていて見事なまでに晒されていたのです。
ときめきを感じながら、その後の様子を伺ったのですが、しばらくすると帰ってしまいました。
勢い余ってマンスジがわかるほど薄手のをはいてしまいました。
対面から見ることが多いのです。
少し冷静になってDVDを見続けたのです。
中学生パンチラしそうになっていました。
少し短めの丈のワンピースを履いていました。
ここまで誘をかけてくれるのだから、たぶん好意を持っているのだろうと思いました。
付き合いを申し出たのですが、見事に断られてしまったのです。
周りに人はいましたが、着替えることにしたのです。
無防備に思えるヒモパンをはいているのが分かりました。
結局、何を考えていたのか良くわからないまま終わってしまいました。
今度、会う予定があるので再び見せてもらえるかお願いしてみようと考えてます。
床にしゃがみ込んだ15歳の未成熟な太ももが露になりました。
油断しているうちにパンチラして悲しくなりました。
とにかくその間だけでも毎日のように見れて幸せだったのです。
今思えば単純にからかっていただけだと容易に想像がつきました。
スカートを膝下まで下げた理由について答えてくれません。
ジュニアアイドルはワンピースを着てここに来ました。
その中でも1番興奮したのが6年の時に同じクラスだった子を見た時でした。
何回かチャンスはあったのですがタイミングが合わなかったのです。
他に人がいたりして覗けないなど、なかなか見る事が出来ずにいました。
それが返って見たいという欲求を高めることにもなっていました。
歩き疲れてM字開脚しながらしゃがんでパンツを出してしまいました。
転んで見えてしまうのです。
そしてついにその日がやってきたのです。
向こうを向いていたため、モロ見えにしてのんびりとした気分に浸ってました。
中学生パンチラの画像を見てて快感を味わってました。
/(-_-)\